工業簿記とは何か

就職に役立つ工業簿記

トップ

工業簿記の必要性について

仕事を行うと原価や利益の計算を必要とします。なぜなら、赤字を出してない事の確認をする為でもありますが、税金の計算をする為にも必要だからです。そこで、これらを正しく計算する為に簿記というものがあります。簿記には、商業用と工業用があります。商業用は、商品の行き来を中心に計算されます。つまり、仕入れ値と売り上げから利益を計算していく方法です。主に小売店で使用されるものです。一方、材料を仕入れ、加工し、販売をする時に使用されるのが工業用です。この加工の価値をどのように計算するのかと言う点が一番のポイントになります。

パソコン修理を行うならこちらがおすすめです。全メーカーの様々な故障の修理に対応可能です。データを残したまま修理をしてもらえるので、安心して修理に出すことができます。

簿記を学べる学校と職業について

簿記とは帳簿に取引の内容を帳簿に記入することを言います。一定期間の取引を表に記入して行き、その期間の純利益を算出する事を目的としています。一般的に職業系の高校やビジネス系の専門学校で主に学ぶのは、商業に関連した学習が多いです。以前は商業系の高等学校で工業簿記を授業中勉強してようですが、最近は学習する機会も減ったようです。帳簿の記入は、主に製品の製造にかかる勘定科目もあり、その辺が商業系とは大きく違うところですが、最終的に表にまとめる所はどちらも大差がありません。商業に比べると工業は学べる学校が少ないですが、会社に事務職として就職するには取っておきたい資格でもあります。

工業簿記についての情報